Doceo Doceo

Mission

医療資本が自然とシェアされ
誰でも利用できる世界に

「病気になってしまってからではなく、誰もが日常から医療との接点を持ち、自分のため、そして大切な人のために医療を使いこなせる社会を作りたい」そして、「開業だけではなく、医師の可能性をもっと広げたい」そんな想いからスタートしたのがかかりつけアプリ「ドケオ」です。ここでいう医療資本とは医師の知識、最新の薬、治療法/検査法、研究結果や治療実績など業界内にある有意義な情報を広義の意味で捉えています。

Mission

Company Info Company Info

会社名
Wivil(ウィーヴィル)株式会社
設立
2020年7月1日
事業内容
かかりつけアプリ「ドケオ」の企画・開発・運用
代表者
岡村竜治
所在地

本社
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー4F

開発オフィス
5F, A棟, Keangnamタワー, E6 Cau Giay, Pham Hung, Me Tri, Nam Tu Liem, Ha Noi, Vietnam

Management Management

  • 医師/木田 康太郎メディカルチーム責任者

    世界最大の医学系学会の一つであるアメリカ心臓協会(AHA)で日本人として初のMax Harry Award受賞。
    現在も日々診療、研究を行う傍らWivilではDoceoメディカルチーム責任者を担当。
    東京慈恵会医科大学附属病院/麻酔科 准教授

  • ソフトウェアエンジニア/細貝 拓磨開発チーム責任者

    東京大学卒業後、P&Gジャパン入社
    経営企画としてGillette、Oral B、アリエール・ボールドなど様々なサービスブランド担当。Wivilでは大学時代のプログラミング経験を活かし、エンジニアに転向。現在ベトナムにて開発チームを牽引。

Adviser Adviser

  • 医師/市瀬 史ハーバード大学医学部教授/マサチューセッツ総合病院麻酔集中治療科・麻酔医

    1988年、東京大学医学部卒業。1990年マサチューセッツ総合病院麻酔科レジデント、同フェロー。1995年、帰国して帝京大学医学部附属市原病院麻酔科講師。1998年に再渡米してハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院麻酔科アシスタント・プロフェッサーを経て、2014年1月より現職。専門分野は心臓麻酔、心筋細胞の生理学、一酸化窒素や硫化水素による細胞保護、敗血症と心肺蘇生の分子生物学、人工冬眠の研究。

  • 医師/麻酔科 坪川 恒久東京慈恵会医科大学附属病院/
    麻酔科 主任教授

    1988年、東京大学医学部卒業。1990年マサチューセッツ総合病院麻酔科レジデント、同フェロー。1995年、帰国して帝京大学医学部附属市原病院麻酔科講師。1998年に再渡米してハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院麻酔科アシスタント・プロフェッサーを経て、2014年1月より現職。専門分野は心臓麻酔、心筋細胞の生理学、一酸化窒素や硫化水素による細胞保護、敗血症と心肺蘇生の分子生物学、人工冬眠の研究。